「かっさ」ってどんなもの?

かっさとは

2500年前から中国で行われてきた民間療法で「刮痧(かっさ)療法」が原点と言われています。「刮(かつ)」はけずるという意味で、「痧(さ)」は動けなくなって滞っている血液のことをさします。
専用の板を使って皮膚の経絡や反射区を擦って刺激することで、毛細血管に圧を加えて血液の毒を肌表面に押し出し、経絡の流れを良くするというもの。いわば、東洋医学的なデトックスであるといえます。

かっさのやり方

かっさは市販のかっさプレートを利用して、肌をこすっていきます。顔、デコルテ、腕、脚、お腹など身体中に使うことができます。ここで大切なのはマッサージ用のオイルをきちんと使うことです。オイルはなくても構いませんが、長時間かっさでマッサージをしていると痛くなって続けられないため、きちんとオイルを利用しましょう。

どんなかっさプレートがいい?

エルソルーナのかっさプレートはコスパや使用感を含めてオススメです。

かっさプレートは形や素材がメーカーによって異なるため、最初から高いものを買ってしまうとあとで後悔することになります。まずは1000円以下のものを買ってみて自分に合うかどうか試していくとよいでしょう。

100円ショップでも売っているところがあるようなのですが、東京の小型店などでは置いていないお店の方が多いようです。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする