もらって役に立つ出産祝いと内祝い

出産祝いと内祝い

子供が産まれると友人や親戚などから出産祝いをいただくことが多いです。よく聞かれるのが「お祝い何がいい?」ですが、初めて子供が産まれる方にしてみると、「何でも嬉しい」が本音だと思います。ただ、実際にもらってみるとあまり使わないものや、逆にすごく助かったものもあります。

また、出産祝いをいただいたら内祝という形でお返しをするのが一般的です。「お返しはいらないよ」と言われてもどうしたらわからない人も多いでしょう。

お祝いは悩むのも楽しいですが、悩みたくない人向けにそれぞれおすすめ商品を挙げていきます。

もらって嬉しい出産祝い

おしりふき

友人から段ボール箱を二箱に入ったおしりふきをいただきました。もらった時は場所をとって大変だし、こんなに使うかなと思いましたが、しばらくしておしりふきが一番役に立った!と思いました。

赤ちゃんが産まれると大量におしりふきを使います。おしりをふくだけではなくて、ちょっと飲み物をこぼしてしまった時にや、口の周りをふいたりなど何でも使えます。大量に消費するのでいくらあっても困りませんし、重いので買いに行くのも大変です。

もらったのは

アカチャンホンポ 水99%Super 新生児からのおしりふき

ムーニー等いくつか他のメーカーのおしりふきを試してみましたが、アカチャンホンポのものが一番大きくてふきやすいです。

スタイ

スタイもいくつかいただきました。高級ブランドのスタイなどもいただきましたが、一番マールマールのスタイがデザインもいい上になかなか駄目になりませんでした。自分が出産祝いを贈る時はマールマールのスタイにしていることもあります。スタイは意外と自分で良い物は買いづらいので、いただくと嬉しいです。

絵本

絵本って子供の頃は考えなかったですが、今考えると結構高いです。しかもどれがいいのか調べるのも大変だったり、いつから読んであげればいいかもわからなかったり。ですので、産まれてすぐは読めないけれど、出産祝いで絵本をいただけると、後々結構嬉しいです。あまり早く赤ちゃんに絵本を渡すとベチョベチョにしてしまうので気をつけましょう。

内祝いはどうすればいいの?

内祝いはもらった金額によって返すものも変わってくるので、人によってお返しのものが変わってきます。出産祝いは同時に色々なところからいただくので、それぞれ変えていると選ぶのも大変ですよね。こんな時おすすめなのがゼリーです。

ゼリーはネットショップで注文できて熨斗もつけられますし、一番便利なのは個数で金額を決められるところです。たくさんお返しをしないといけないところには大きめのセット、少なめでよいところは小さめのセット、と中身はあまり考えずに決められるので忙しい子育て時期にはとても便利です。

また、ゼリーって普段食べないので、自分でいただいてみると嬉しいです。これが一番のポイントです。

お祝いのまとめ

贈るものもいただくものも、家族の趣味などもあったりするのであまり変わったものだとよくないかもしれません。いただくものはおしゃれな消耗品、贈るものは食べ物がなんだかんだ一番喜ぶし喜ばれます。プレゼントは自分の趣味を押し付けるのだけはやめるのが大切です。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする